Green house of Kawatsura Strawberry Farm

かわつら苺園からのお知らせ

  • (2021年シーズン開始のお知らせ)2021年01月01日掲載
    新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。今年は昨年に引き続き、コロナ禍となりますが、いちご狩りの仕方にルールを設け、安心して皆様にいちご狩りを楽しんでいただけるように万全を期して参ります。詳しいルールにつきまして、山武市成東観光苺組合の「苺組合のコロナ対策(ここをクリックしてください)」をご参照下さい。お越しになられた方には当園でも解説いたします。

    今年のいちご狩りは1月5日(火)から開始します。

    ⇒ 080-7704-4967(新しい番号となりました)

    なお、2018年12月から料金体系(期間を含む)が改定されましたので、料金表をご覧いただきますようお願いします。(こちら) 園主

新型コロナ対策にご協力お願い致します(1/17更新)

  • 来園される前に…
    ● 発熱している方、体調の悪い方は入園をご遠慮ください。
    ● 現在、多人数となる、複数グループ(家族・友人等)でのご来園はご遠慮頂いております。
    ● 苺を食べる時以外のマスクの着用にご協力をお願い致します。

    来園中は…
    ● 受付前にこちらに記載されている注意事項をご確認頂いております。
    ● 万一の場合に備え、連絡先の確認を行っていますのでご協力下さい。   
     なお、今年度は番号札で入園人数と時間を管理しております。
    ● 接触機会削減の為、制限時間の40分をお守り頂くようお願い致します。

    ● 家族・同伴者以外の方々とのソーシャルディスタンスの確保にご協力下さい。
    ● 入場前、再入場時等には手指の消毒をお願い致します。
    ● ハウスの苺畑で苺を摘み取る時は、マスクを着用し、なるべく会話はお控え下さい。
    ● 一度触った苺については必ず摘み取るようにしてください。
     痛んだいちごを収穫してしまった場合はバケツへ捨ててください。
    ● 摘み取った苺は、ハウス内の前後の飲食スペースか、ハウスの外にあるテーブルでお食べください。
    ● 飲食中の大声での会話は控えるようご協力をお願い致します。

    いちご狩りが終わったら…
    ● いちご狩り終了後は使い終わったカップと番号札を受付けにて回収しております。
    ● 接触機会削減の為、終了後はすみやかな移動をよろしくお願い致します。

    定期的に従業員がハウスの消毒作業等で巡回しております。
    以上のルールに関しまして、お声掛けする場合もありますが、その際は何卒ご協力をお願い致します。

多様化するニーズに対応するかわつら苺園

  • かわつら苺園は1964年にいちご作りを始めました。2代目の私が苺園に加わったのはそれから11年後のことです。広々した園内でミルクなしでもおいしく召し上がっていただけるように日々精進してまります。多様化するニーズの中で、これからのいちご狩りのあり方を考えながら、皆様にご満足頂けるいちご園を目指して日々努めて参りたいと思います。どうぞよろしくお願いします。 園主

かわつら苺園へようこそ

  • Kawatsura Strawberry Farm Customers

    かわつら苺園は首都圏から1時間少々で来られる大変便利な場所に位置しています。お客様の多くがリピーターの方です。おいしい苺を求めて来られる方に満足していただけるように頑張ります。いちごの味はシーズンを通して一定ではありません。週ごとに味が変化していくと言って過言ではありません。できる限り多くの品種を食べ比べて頂くことで、その時にもっともおいしい品種を探して頂ければと思います。わからないことなどありましたら、いつでもかわつら苺園の3人娘(?)に声を掛けていただけたらと思います。

SNSのハッシュタグは「#かわつら苺園」です

  • Kawatsura Strawberry Farm Customers

    おいしい写真が撮れたらSNSでシェアしよう!ハッシュタグは、「#かわつら苺園」。Instagramはこちら。Twitterでも同じハッシュタグで呟いてみよう!この素敵な写真は福井県の真里さんから送付頂き頂きました。ありがとうございます。

  • Kawatsura Strawberry Farm Customers

    アルバムページ

    かわつら苺園では2001年シーズンから外国人のお客様が徐々に増えてまいりました。2015年は1900万人以上の外国人の方が各国から観光で来らたそうですね。かわつら苺園は東京駅から特急で1時間で来られると言えど、出発前からいろいろ情報収集して何とか個人客として来てくださいます。割合としては全体の5%程度ですが、年々増えていることは確かです。本当にありがたいです。日本の風物詩、いちご狩りで日本の果物のおいしさで日本の思い出作りに一役買えれば光栄です。